CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES

RECOMMEND
RECOMMEND
うさぎじま
うさぎじま (JUGEMレビュー »)
松本 典子
『もひもひ』らぶ〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
鼻兎(1) (アッパーズKCDX (13))
鼻兎(1) (アッパーズKCDX (13)) (JUGEMレビュー »)
小林 賢太郎
こんなのも出してはります。
RECOMMEND
RECOMMEND
Back to Bedlam
Back to Bedlam (JUGEMレビュー »)
James Blunt
もはや定番?
RECOMMEND
Chasing Time: The Bedlam Sessions (Clean)
Chasing Time: The Bedlam Sessions (Clean) (JUGEMレビュー »)

すてきな空間 - BBCスタジオライブ
RECOMMEND
Undiscovered
Undiscovered (JUGEMレビュー »)
James Morrison
最近のお気に入り。
RECOMMEND

*Jamiroquai

<< 芸 - ドイツ・ポスター 1890-1933 | main | James Bluntライブ・後記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
初・生 James Blunt
前回からもう半月過ぎてしまった。忙しくて…。

オール・ザ・ロスト・ソウルズ
オール・ザ・ロスト・ソウルズ
ジェイムス・ブラント
JUGEMテーマ:ROCK

行ってきましたです、James Bluntライブ@厚生年金会館。2008/04/23
初・生・James

ライブ行くからって慌てて新しいアルバム買って、でも2週間も経ってないし(しかも先週旅行いってて全然聞いてないし)、今週もずっと忙しくて、『こんなクソ忙しい時にライブかぁ…』って内心ちょっとめんどくさいなーなんて思ってたんですが! ですが!!すみません! そんなこと思ってしまって。ごめんなさいジェイムスさん。もうよかったです。大満足です。ってライブでした。

Jamesの曲って全体的に静かでマイナーの曲多いし、一体どんな感じになるんだろう?とちょっと心配しておったのですが、実にまったりとした座りライブでした。人が立たないのを気にする人いるみたいだけど、自分は全然気にならんのですが。逆にじっくり聞けて好きだったりします。
だから今回、歌と演奏、特にピアノが堪能できたライブでした。

忘れないうちにメモ。

最初の上に出た影絵みたいなのいいな〜。
よく見ると、ステージ上部中央の太陽&サルもいい。左右の飾りにぶら下がってたのもサルですよね。シンプルな中にもこだわった世界がいい感じ。
バンドはVo&AGがJames EG. Keys. Bass Dr.の5人。Eギターの人が「小さい」とか言われてたけど、遠目で見るとJamesとそう変わらなかったけど…。Keyの人が生ピアノ弾きにきたり、James自身がピアノ弾いたりもする。いい音。弾き語りの Good Bye My Lover は良かったなー。
BBCスタジオライブ思い出した。
最近、ヴィジュアルエフェクト使うのって普通なんですかね。ステージバックにVE。これいい。サルが王冠かぶってるのとか。
Jamesさん、もっとクールな人かと思ってたんだけど、以外とテンション高&盛り上げる。ライブだからか。ちょっとオヤジはいってて、笑える動きが。そんなトシでもないよね。
MCで。英国ではYou're Beautiful は結婚式で一番かかる曲、Good Bye My Lover は葬式で一番かかる曲、この曲は離婚する人にw って言ってやった曲が I'll Take Everything ってそれは財産分与のこと言ってるのか!?
銅鑼が降りてきた。あれ定番なんすか?
アンコール、ドラムとキーボード、ピアノに電飾。かわいー。
歌うまいな〜。CD聞いてて、ライブ行ってガッカリって人が少なくない中、うまいな〜と思いました。ファルセット多いからもっと細い声をイメージしてたんだけど、いえいえ、広がりあります。タイトルわからないんだけど、その広がりがいいな〜と思って聞いてた曲があって。たぶん、新しいアルバムの方。

大阪はスペシャルアクトでハナレグミがあったんだけど、時間少ないんじゃないの?って心配してたんだけど、約1時間半、堪能しました。
| | 01:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 01:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://junmaru.jugem.jp/trackback/451
トラックバック
ジェイムス・ブラント
NO.00190 ジェイムス・ブラントのデビューアルバム『バック・トゥ・ベッドラム』(2004年) 服を脱ぎながら歌う不思議なPVが印象に残ってた曲が、やたら最近耳にする曲とようやく一致しました。 ちなみに最近やけに耳にするのが、テレビドラマの主
| まい・ふぇいばりっと・あるばむ | 2008/07/12 2:57 PM |