CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES

RECOMMEND
RECOMMEND
うさぎじま
うさぎじま (JUGEMレビュー »)
松本 典子
『もひもひ』らぶ〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
鼻兎(1) (アッパーズKCDX (13))
鼻兎(1) (アッパーズKCDX (13)) (JUGEMレビュー »)
小林 賢太郎
こんなのも出してはります。
RECOMMEND
RECOMMEND
Back to Bedlam
Back to Bedlam (JUGEMレビュー »)
James Blunt
もはや定番?
RECOMMEND
Chasing Time: The Bedlam Sessions (Clean)
Chasing Time: The Bedlam Sessions (Clean) (JUGEMレビュー »)

すてきな空間 - BBCスタジオライブ
RECOMMEND
Undiscovered
Undiscovered (JUGEMレビュー »)
James Morrison
最近のお気に入り。
RECOMMEND

*Jamiroquai

<< 弱肉強食のもうひとつのかたち | main | 今、うさぎじまが熱い。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うさぎたち写真展@Calo
うさぎたち 松本典子写真展@Calo
うさぎじまa
〜6月9日までなのでもう終了してます。私が行ったのは最終日。
こないだ猫ふんじゃったなギャラリーに行った時にもらったフライヤーで知り、行ってきました。

こちらが今回出版された写真集。というか本。
うさぎじま
うさぎじま/松本 典子
もひもひがかわいい(注:うさぎさんの鼻面のことを一部で『もひもひ』というそうです、たしか。)

Calo はbookshopとカフェが併設してあるギャラリー。はっちゃん写真展やポストカードでその名前を見てからいつか行きたいと思ってました。
詳しい行き方はリンク先を見てくだせえ。地下鉄肥後橋より徒歩数分。ビルの5階。

ビルの入り口の看板。
calo
不覚にもデジカメを持っていくのを忘れてしまったので、ケータイ画像のみ。粗い…。もう3年近く使ってます。しかも当時買った時ですでに発売されてからだいぶ経っていた機種。
そのままアップすると120×160のチビっこい画像なので、元画像を4分割してPCでくっつけてからアップ。あ、でもこうするとちょっとは大きなままアップできるのか。

□ギャラリー内
室内は縦に長い。入り口はいって、手前部分が右にギャラリースペース、左がカフェのカウンター。カウンター内にカフェの方ひとりと、カウンターに座ってるお客さんひとり。
奥は右が窓に面したカフェのカウンター(知り合いらしき方がひとり)、左は一面天井までの本棚。真ん中に大きなテーブルがあって、グッズの展示や、ギャラリー関係のものと、カフェのテーブルが。今回は、うさぎじまの写真が入った大きなファイルと、メッセージノート。うさぎと暮らす等うさ好き向け本多数。

□展示
大きな写真がいっぱい。うさぎさん以外の写真もあり。1枚、どうも様子がおかしいうさぎさんの写真があってビビる。が、後にその理由が判明するのですが…。

一通り写真を見て、テーブルにあったうさぎじまを見て、グッズをいろいろ見て、テーブルのノートにメッセージを書き、中央のテーブルに座り込んでうさぎと暮らすを読んでいたところ、声が。
「あの、こちらの方が作家さん(写真家)ですので、良かったらお話とか…」
顔を上げてみると、カフェのカウンターの中にいらした方が、私が行った時からカウンターに座っていらした女性を指して言うのです。

ひぇー本人やったんかい。

で、おそるおそる先の疑問を聞いてみました。あの、様子のおかしいうさぎさんの写真。

「あ、これ、あくびしてるところです。」

な、なんだ…。びっくりした。心配したのに。
というのは大久野島の話を私は少し知っていたから。
"うさぎ島"とは全国に数カ所ある、なんらかの理由から放し飼いされたうさぎが繁殖し"うさぎワールド"を形成している島のこと。
調べたところ、今回の写真集に載っている、広島県大久野島、沖縄県カヤマ島(嘉弥真島、加屋真島とも書くらしい)と、あとwikiに載ってた愛知県前島、とで3カ所ある模様。

私はよくいろんな"うさ飼い"さんたちのうさぎブログを日々チェックしてて知ったんですけど、この大久野島ってところ、旧日本軍の毒ガス工場があったところで、毒ガス検知のために飼われていたウサギが野生化して、今のようなうさぎの島になったらしいです。で、今は休暇村になって、遊びに行けるし泊まるところもあって観光地になっています(毒ガス資料館とかあるでよ)。

さらっと書いてるけど、なんだか重い歴史のある島。今も毒が残っていて立ち入り禁止の区域とかがあったりする。でもうさぎさんはそんなこと分からないので、その区域に入って住んでいるのもいる。行った人の話では、明らかに様子がおかしかったり病気だったりするコがいる。下の兎島の野良ウサギたちが行った方のレポ。詳しいです。

国民休暇村・大久野島
兎島の野良ウサギたち

この人も書いてるけど、うさぎさんたちを丸ごと別の島へ移動させるとかそういうことはできんもんかねー。
松本さんいわく、「そういう声が増えるとなんとかなると思うんですけど…」とのこと。

いろいろ考えつつも、とりあえずうさポストカード3枚ゲットして帰りました。
| | 23:51 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |
コメント
こんにちは。ご来場ありがとうございました。
6/30までですが、大久野島のビジターセンターでも、
地元の方と一緒に写真展させていただいております。

会場でのアンケート記入で、
ご意見ご要望を直に伝えられるようになっていますので、
もしお時間ありましたらこちらも是非!よろしくお願いいたします。

何事もすぐに、は、難しいかもしれませんが、
ゆっくりと様々な声が集まって、
現地へ直接伝わり、対話が始まって行くことを願っております。
| nori | 2007/06/18 12:40 AM |
ご本人さんですね!ありがとうございます。
先日は失礼しました。

一度は行ってみたいと思っているのですが、なかなか時間も作れず…なので、少しずつでもいろんな方にお話を知っていただけたらなと思います。
| junmaru | 2007/06/18 11:18 PM |
レスありがとうございました!
ノートのメッセージは月末に持って行きますね。

私が行き始めた4-5年前から比べて、になりますが、
少しずつ変わって行っているところもありますので、
もし機会がありましたら是非現地の方へも足を運ばれてみてください..。


| nori | 2007/06/20 12:21 AM |
レスありがとうございます。
何かできないかと、この話を聞いてもらえそう(でTBしてもOKそう)なうさぎブログ探したりしてます…。
| junmaru | 2007/06/20 10:57 PM |
レスありがとうございます。

その後「なんとかなる」の言葉が
目指したいところについて考えましたが、
環境庁の管轄の国立公園から、
すぐにうさぎたちを丸ごと別の無人島へ、
というのは無理だと思います。

今の法では、新たに置く事自体が禁じられていますし、
もしも置けたとしてもその島の植生をこわしてしまう可能性があります。

でも、意見があったこと、
ビジターセンターの職員さんに伝えますね。

サイト私も拝見したことがあります!
とても詳しい記述で勉強になりました。

しかし10年前からは大分うさぎも世代交代していますので、
やはり一度は今現在の様子を実際に見ていただきたいなと思います..。

私も遠いのでなかなか頻繁には行けませんが、
説得力のことを考えると、そこは抜かせないと思っています。
言葉が重なってしまってすみません。

現地の方と顔を合わせ信頼関係を築きながら、
今の土壌のことやうさぎたちの体調のこと、
しっかり観察&研究する人が増えることで
更に糸がほどけて行くのではと思っています。

(何をどうしたらいいのかはっきりしてくるのではと..。)

勉強不足なのでまだまだ簡単には発言出来ませんが、
土壌の更なる回復を希望して行く方向もあると思います。

微力ですが私も出来ることを続けて&勉強して行きたいです。
関心持っていただいて感謝です!
| nori | 2007/06/21 2:42 AM |
今気づいたんですが、私が見てたサイトの行った方のレポは、1997年でもう10年前なんですね。
行ったこともなく、今の現状も知らずに、サイトのみ見て過剰に心配してたかもしれません・・・トホホ。
| junmaru | 2007/06/21 11:57 PM |
こんばんは。レスと最新記事、ありがとうございました。

確かに、廃墟などは今でも残っていますので、
うさぎや島のことを勉強しつつ、見守って行けたらと思います。
| nori | 2007/06/22 3:10 AM |
私ができることといえば…まずいろんな人に知ってもらうことかな〜ということで、追加エントリーを書きました。

今(2007/6/23)、Googleで「うさぎじま」で検索するとココがトップにくるみたいですよ。ビックリ。
でも、こういうとこから情報を広めていくことも必要かと思いまして。
| junmaru | 2007/06/23 7:16 PM |
ご無沙汰しております。
2009年現在でも検索上の方、ありがとうございます。

腫瘍のうさぎは全くいない、というわけではなく、
今もたまに足などが腫れた個体を見かけます。
(%は以前より下がっているように思えます。)

残念ながら、人の接し方ミスで骨折する個体もいます。
捨てうさぎもあります。(犯罪です!)

が、リピーターの方たちの意見が届いたのか、
休暇村の方でもうさぎ対策少しずつするようになったようなので、
おかげさまで以前より状況変わって来たようです…。

引き続き休暇村へ意見したり、気にして行きたいです。
| nori | 2009/10/01 11:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://junmaru.jugem.jp/trackback/374
トラックバック