CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES

RECOMMEND
RECOMMEND
うさぎじま
うさぎじま (JUGEMレビュー »)
松本 典子
『もひもひ』らぶ〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
鼻兎(1) (アッパーズKCDX (13))
鼻兎(1) (アッパーズKCDX (13)) (JUGEMレビュー »)
小林 賢太郎
こんなのも出してはります。
RECOMMEND
RECOMMEND
Back to Bedlam
Back to Bedlam (JUGEMレビュー »)
James Blunt
もはや定番?
RECOMMEND
Chasing Time: The Bedlam Sessions (Clean)
Chasing Time: The Bedlam Sessions (Clean) (JUGEMレビュー »)

すてきな空間 - BBCスタジオライブ
RECOMMEND
Undiscovered
Undiscovered (JUGEMレビュー »)
James Morrison
最近のお気に入り。
RECOMMEND

*Jamiroquai

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
見 - 少年メリケンサック
少年メリケンサック デラックス・エディション [DVD]
少年メリケンサック デラックス・エディション [DVD]

監督:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい、佐藤浩市、ユースケ・サンタマリア、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城

3月ごろ行きました。もうDVD情報あるんだねー。
クドカンらしいグロ(きたないグロ)満載の映画でした。監督第2作目?だっけ。弥次喜多見てませんが。監督はしてないけど、舞妓Haaaaan!(aの数はてきとー)は好きでした。

銀杏BOYZ&向井秀徳が音楽やってました。やっぱり。
そうそう、この映画の中のドラムやってた三宅弘城さんはクドカンとか阿部サダヲがやってるバンド、グループ魂のドラムでもあります。調べたら元ナイロンで今大人計画の人らしい。

ちょっと気になったのは、キム兄の演技。俳優陣の中にいると浮くよなあ・・・。芸人のキム兄は好きなんだけどなあ。
あおいちゃんはかわいいさで損してる。アホ演技しても可愛いしなあ。つらいところでしょう。
ユースケ、勝地くんはクドカンチームから調達。この二人は笑えました。
JUGEMテーマ:邦画
| | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
見 - マイ・ブルーベリー・ナイツ
監督:ウォン・カーウァイ
出演:ノラ・ジョーンズ ジュード・ロウ デヴィッド・ストラザーン レイチェル・ワイズ ナタリー・ポートマン

去年公開してた時は見逃して、結局WOWOWで見ました。
監督、ウォン・カーウァイだったのにわりとまともだった(苦笑
音楽もよかったし、ノラ・ジョーンズもよかったし、ジュード・ロウいい役してるなあ。このぉー。

ウォン・カーウァイの映画って、「なんじゃこれは?」って思う時もあるけど、「これだから好きだ」って思うシーンがいくつかあって、この映画はラスト数分からエンドロールのところがそうだった。

ふと考えてみると、この人の映画は、ラスト数分からエンドロールがいつもいいのかもしれない。
全編まったり進んで、この映画ならレイチェル・ワイズのエピソードみたいに、どうにもならない人間模様が描かれてるんだけど、それでも時は流れるし人は生きてるし前に転がるしで、辿りついて、最後にくっと気分が上向きになるというか。
恋する惑星もラスト数分が凄く印象的。天使の涙も。ブエノスアイレスも。花様年華も。そういえばそうだ。そして、恋する惑星もそうだったけど、ラスト数分からエンドロールにかけて曲が流れて、気分が上向きになって終わり。
ラストだけ決めてそこに向かって撮っていくんだろうか。この人脚本とかほとんどないような映画の撮り方するらしいけど、欧米資本で大丈夫か?って思ってたけど、ちゃんとやったんだろうか。
相変わらずモノローグいっぱいだし(嫌いじゃない)、ジュード・ロウとかメジャーな人なのに全然違和感なく存在してて、上手い人は何でもはまってどんな監督の色にでも染まるんだなと思った。

最後のお店の感じは、まんま恋する惑星だねー。好きだけど。

サントラほしい。ライ・クーダーだそうだ。
マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラック
マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラック
ライ・クーダー,グスタヴォ・サンタオラージャ,続木力

JUGEMテーマ:洋画
| | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
見 - K-20 怪人二十面相・伝
K-20
K-20 怪人二十面相・伝
監督・脚本:佐藤嗣麻子
出演:金城武 松たか子 仲村トオル 國村隼 他

見に行ったのは1月です。やっと今年のネタになりました。
製作はROBOT、VFXは白組。監督は佐藤さん。私は噂でしか知らないヴァージニアと、ロンドンの映画学校の卒制で作った半神のイメージが強いんですが、最近ではアンフェアの脚本とか?なんですかね。
金城さんとの縁は鬼武者のオープニングムービー。阿部Pさんと金城さんの縁はスペトラ以来。金城さんがいつもお世話になっておりまーす。公式サイトのインタビューでも言ってたけど、「金城ありきの企画」だそうだ。

■役者さんたち
金城さん。モゴモゴしたしゃべり方が気になるっちゃあ気になるけど、見始めるとすぐに慣れます(笑)。ほとんど顔出しでアクションしてた気がするけど、本当はCGがすごいんだろうけど、金城さんならできそうだwって思ってしまった。パルクールをやった金城さん役はロシア人だそうだ。
松さん。お嬢様を絵に描いたような。振り切って演じてる。カリオストロのクラリスのイメージなんだそうだ。なるほどピッタリだ〜。
仲村トオルさん。なんかピッタリでした。金城さんを真似るシーンがあるんだけど、あそこが笑えた。
要潤←あえて取り上げる。夢の共演ですw でも金城さんと同じシーンがなかったような。

オープニングすごかったなあ。しっかり見る間もなく終わってしまったんだけど。
エンターテイメントとしてもよくできてたし、はっきりすっきりよかったと思います。アクションもすごいしね。ワイヤーも。あんな使い方あるんだ、と。國村準さんが作る小道具にとってもワクワク感。
VFXは白組。三丁目の夕日組。帝都の遠景とか財閥のあのビルがぱっかーんてところとか相変わらずすごい。ガラスに映ってるし。
鳩を愛でる金城さん。セルフパロディ?レッドクリフの撮影は2007年春〜秋、K-20の撮影は2008年1月〜春。佐藤監督が脚本を書いたのはクランクインの直前と言ってたので…ありうる!

JUGEMテーマ:邦画
| | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
見 - レッドクリフ
これ12月なんですが、行きました。 以前、見たい映画を逃してしまったことがあるので、空いてる水曜はちゃっっと行くことにしてます。

三国志はほとんど知らないし、横山光輝の三国志も読んだことないけど、マンガが苦手なオカンが相当はまっていたのでおもしろいんだろうなとは思ってたんですが。 おもしろかったです。
あんまり知らないから、かえっておもしろかったのかも知れないです。ちょっと知ってると、「嗚呼、あの人が出てこない」とか「あのエピソードがスルーか…」とかになると思うので。ラブシーンはいらんかったと思うけど、あの女優さんは綺麗だと思いました。ちょっとお人形さんだったけど。

■役者さん
周瑜=トニー・レオン。 トニーさんは最初孔明役でした。その時周瑜役はユンファ。それがトニーOUT→金城さんIN→ユンファOUT→トニーINということで結局は周瑜に。オタはやきもきしてました。美周瑜(すんごい美形)と言われた周瑜なのに、トニーでいいの?という声もあったみたいだけど、大きなお世話です。ユンファよりいいだろ!!
諸葛孔明=金城さん。 超有名&超人気歴史キャラをするので叩かれるんじゃないかな〜とか色々心配してたけど、思ったより孔明=金城に食い付く人はいなかった、ように思う。ほっ。個人的には金城さんは身体のキレがいいのでもっと動いてほしかったけど、とぼけてかわいい孔明もおもしろかったです。凄くがんばってプロモーションしてて感慨深い。
曹操役の人はさらば、わが愛〜覇王別姫の人ですよね、たぶん。久しぶりに見た気が。
以下略。
あ、ビッキー・チャオはベッキーに似てると思った。

なかなかおもしろかったし、こんな超大作でトニー&金城武が見れるなんてそうそうないので、2も見に行きますよ。

JUGEMテーマ:レッドクリフ
| | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
見 - クライマーズ・ハイ <堺雅人祭りその2>
クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
監督:原田眞人
出演:堤真一 堺雅人 

言わずと知れた日航機墜落事故の話。当時、地元の新聞社の記者だった横山秀夫さん原作。私は未読。
クライマーズ・ハイ (文春文庫)
クライマーズ・ハイ (文春文庫)

監督は突入せよ!「あさま山荘」事件魍魎の匣などの原田眞人さんなんですが、私は ぜひぜひバウンス ko GALSを推したい。本当にこれは面白い!と思った映画。

話は戻って、クライマーズ・ハイです。

■お話
日航機墜落事故が起こった時の地元新聞社の記者たちの話。

■役者さんたち
堤真一。新聞記者の硬派な感じがよく出てる。噂で聞いてた「チェック、ダブルチェック」ももっといっぱい出てくるのかなと思ってたらそうでもなく、そうだよな〜と。
堺雅人もすごいよかった。記者の熱さが出てる。
個人的には堺雅人さんと一緒に最初に山に登った人が印象に残ってます。お話的にも。滝藤賢一さんていうんだ。
しかし、男ばっかりだな・・・とか思いつつ見てた。苦笑

悪くはないんですよ。でも、これ映画かなあ?と。ほとんど、ドキュメンタリーなイメージでした。実話だから仕方ないんですけど、山があって盛り上がるんだけど、ドラマチックな展開にはならないという。
自分はNHKのドラマ版をほぼ見てたんだけど、あっちの方がよかった記憶があります。佐藤浩市の方が役には合ってたし。

■NHKドラマ版はこちら
クライマーズ・ハイ [DVD]
クライマーズ・ハイ [DVD]

■こちらは映画版のBlu-ray
クライマーズ・ハイ [Blu-ray]
クライマーズ・ハイ [Blu-ray]

■上で紹介したバウンス ko GALS
バウンス ko GALS [DVD]
コギャル3人のお話なんだけど、最初はバラバラとエピソードが連なって、ラストへ加速。脇役もくせ者名優いっぱい。ラストが清々しいです。邦画の中でも傑作。佳作。この映画を見て原田眞人監督の名前を覚えました。佐藤仁美も必見です。その後ぱっとしてないみたいで残念。上手すぎるから使いづらいのか…?

JUGEMテーマ:邦画
| | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/25PAGES | >>